AWS Cloud9でサクッと開発環境を構築する!

AWS

はじめに

今回は、AWSでコードの記述を伴うような作業をする際に、
非常に便利な統合開発環境であるAWS Cloud9について確認していきます。

開発環境について

皆さんは、開発環境に何を使用しますか?
初学者や違いがよくわからないという方は、様々な記事や動画でお勧めされているVScodeを使用されている印象でして、
私もその一人です。

  • VScodeの特徴
    • 豊富な拡張機能が使えて、多種多様な用途に対応できる
    • 基本使用が無料
    • インターネット上に情報が多いため、エラーに対処しやすい
Visual Studio Code - Code Editing. Redefined
Visual Studio Code is a code editor redefined and optimized for building and debugging modern web and cloud applications...

他には、Pythonの使用頻度が高い方は、Pycharmを使用しているのをよく見かけます。

  • PyCharmの特徴
    • Pythonに特化したデバッグ環境の構築、ショートカットの充実
    • 有料プランの使いやすさ
PyCharmのダウンロード:JetBrainsによるプロの開発者用のPython IDE
Windows、macOS、または Linux 版 PyCharm の最新バージョンをダウンロードします。

このように、開発環境は、やりたいことに合わせて、より最適なものを選ぶことが重要です。
今回触れるCloud9は、以下の特徴があります。

  • Cloud9の特徴
    • ローカル環境ではなく、AWSクラウド上に開発環境が構築されブラウザで操作する
      • ローカル環境が汚れない、PCのストレージを圧迫しない
      • ローカル環境にインストール済みの他パッケージとの競合を意識する必要がない
    • AWSのサービスの一つであるためAWSサービスとの親和性が高い
      • awscliが標準でインストールされている
      • ターミナルからAWSサービスにアクセスできる
    • 以下の主要な言語があらかじめインストールされている
      • Node.js、JavaScript、Python、PHP、Ruby、Go、
AWS Cloud9(Cloud IDE でコードを記述、実行、デバッグ)| AWS
AWS Cloud9 は、ブラウザのみでコードを記述、実行、デバッグできるクラウドベースの統合開発環境 (IDE) です。

また、Clioud9は簡単に始めることができます。
AWSアカウントを作成して一緒に始めていきましょう!

AWS Console - Signup

cloud9を始める

早速、Cloud9で開発環境を作成していきます。
まずは、GUIで作成する方法です。

cloud9画面を開く

環境の設定

  • デフォルトで以下のような設定になっています。
    • 特に理由がなければ、任意の名前を入力して作成を選択するだけでOKです
  • 任意の設定
    • タイムアウト値を任意の時間に設定
      • Cloud9の実体はEC2インスタンスのため、起動時間に応じて課金されます。
        なるべく課金額を減らしたい場合は、短い時間に設定しておきましょう。
    • ネットワーク設定で任意のVPCを選択
      • デフォルトはDefaultVPCになっています。
        別途、VPCを作成されている方は、Cloud9(EC2インスタンス)を設置したいVPCとサブネット(CIDR)を選択しましょう。

環境が作成される

環境が作成されたことがわかります。

Cloud9を開く

環境からcloud9を開いていきます。

  • 作成した環境の名前を選択
  • 右上のcloud9で開くを選択

EC2インスタンスが起動する

EC2インスタンスが起動して、しばらくするとcloud9開発環境が開かれます。

以下のように表示されました。

  • 画面左のToggletreeeから、フォルダやファイルを追加して、コードを記述していくことができます
  • 画面下にターミナルが表示れており、コマンド入力も可能です
  • 画面上部のメニューから各種設定を変更できます

終わりに

今回は、サクッとAWSで開発環境を作成しました。
Cloud9はAWS以外にも使用できますし非常に便利でおすすめです。
そのうち、CloudFormationを使ったcloud9環境構築方法もやっていきます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました